先週末は衆議院議員選挙でしたね
私は富山県にいることになっています
そこで富山県選挙管理委員会のホームページを開いた

そして「候補者の氏名及び候補者届出政党の名称」のPDFを開いた

どうやらExcel 2010で作成してPDF化したらしい
したがって全ての文字列に対してコピーが可能であり、URLをクリックするとサイトへ飛ぶことができる
まあこれが一般的だ

私は新潟県に住んでいるので新潟県選挙管理委員会のホームページを開いた
一般の方が見るPDFと音声読み上げ用のPDFがあるようだ

一般向けPDFを開いた

DocuCentre-V 6080
あれ、これは紙をスキャンしたやつだ、ってすぐに気づく
罫線が歪んでいたりブツブツ(スキャナ台に付着した埃や塵)が見られる
透過テキストが埋め込まれているわけではないので非常に不便で不親切

音声読み上げ用PDFを開いた

これは見た目が綺麗である
作成ソフトウェア情報が削除されているが、まあExcelなどで作成したPDFであろう

私は思った、新潟県選管バカちゃうん?って
音声読み上げ用を用意することは間違いではない
なぜなら視覚に障がいを持った方にはPDFであってもその中のテキストデータが必要であるからだ

しかし、なぜ一般向けPDFはスキャンデータを透過テキストを埋め込まずにそのまま上げているのだろうか
これでは候補者名をコピーしたり候補者・政党サイトに飛ぶことができないではないか
非常に不便で不親切じゃないか

ということで新潟県選管に問い合わせました

一般向けと音声読み上げ用の違いは
URLの記載が有るか無いか

一般向けPDFはスキャンデータを透過テキストを埋め込まずにそのまま上げているのか
FAXで届いたものを掲載しているだけです

URL有り版を作成して一般向けに載せないのは
FAXで届いたものを掲載しているだけです

検索したりホームページへ飛びたい際に有権者に不便を強いているのでは
テキストがあると特定の候補者に有利なようになってしまうため

有権者は全ての候補者を知ってから投票したいと思うのが普通なのではないか、それを不便にすると「特定の候補者」しか調べないことになってしまうのでは
そのような声があること、頂戴いたします

以上のようなやりとりをやって切りました
結局よく分からなかったです

絶対に富山県のほうが良い!!