私は壊れたデスクトップパソコンを持っており、直さずにも捨てられずにもいました
デスクトップパソコンは電源を入れたままにしておくのが私の主義なのですが、これが2014年夏に突然電源が落ちてしまいました
その後起動していたら1週間から10日間ほど経つと突然電源が落ちるという謎の仕様になってしまい安心して使えません
それは2011年に自分で組み立てた、いわゆる「自作パソコン」というものなので自分で解決しなければいけません
でもやる気がおきない〜、お金がない〜
そんなこんなで放置

もう1台ノートパソコンでPanasonicのLet’s noteを持っていたので、とりあえずツナギとしてこちらを酷使していました

それから2年が経った2016年秋、私の手元にMacBook Pro (Late 2016)が届いて毎日使っています

さて、いい加減にデカイデスクトップパソコンをなんとかしたいと思い、もちろん直すか捨てるかという選択肢になります
富山には同世代のパーツを使用して同じような構成になっている私のスペア機があるため、これとパーツを交換しながら悪い箇所を特定することにしたので、先日富山へ帰省する際に持っていき検証を行いました

結果、メモリ不良ということがわかり、帰省期間が終わってと新潟に持って帰ってきて、メモリをようやく発注したところです

(2017年3月23日更新)
続報はこちらです
壊れていたデスクトップパソコンの故障箇所が判明→しかし直らなかった!!